フリーランスエンジニアに必要な能力

エンジニアには常にスキルを磨くための勉強が欠かせないが、フリーランスとして活躍するなら、それに加えてコミュニケーション能力を向上させる必要がある。
フリーランスは原則、仕事に関する事柄のすべてを自分一人で行う。仕事を得るための営業も自分で行うことになるので、如何に自分が優れたエンジニアであるかを上手にアピールしなければならない。同じ事柄でも伝え方次第で相手の解釈が変わるため、コミュニケーション能力の重視はフリーランスとして大成するための必須条件と言えるだろう。
エンジニアは職人気質になりがちで人付き合いを疎かにする傾向がある。しかし、会社組織に依らないフリーランスとして生きるには、人付き合いこそが何よりも重要だ。

IT系に限らず、どのような仕事も根本的には人同士の繋がりで成り立っているため、自身のスキルを磨くことに没頭しているだけでは仕事を得ることができない。フリーランスは仕事を得るための営業も自分で行うのが基本なので、相手に納得してもらえる交渉力を持つことが大切だ。

どれほど優れたエンジニアでも、名前が知られていなければ仕事を得ることができないので営業に尽力することは当然の行いだ。しかし、スキル磨きも怠ることはできない。
自分だけで営業や交渉を行うのが難しいなら、専門の代行業者に任せる方法もある。プロの業者なので上手な売り込みを期待できるが、出費が嵩むのも事実なので、お金に余裕がない独立直後から利用するのは難しいのも事実だ。