独立の準備と心構え

フリーランスエンジニアとして独立する上で準備しておきたいのは、仕事に必要なスキル全般の習得だ。
会社に勤める場合は基本的にエンジニアはシステム開発など、専門的な知識・技術を活用する業務がメインになる。それ以外の仕事はそれぞれ専門の部署が担当する。
しかしフリーランスになれば、ほかの部署に仕事を割り振ることはできない。そのため、自分でさまざまな業務に対応できるよう、必要なスキルを身につけておくことが大切だ。

例えば、仕事を獲得するための営業スキル、クライアントと打ち合わせや交渉を行うためのコミュニケーション能力、書類作成や収支管理を行う事務処理能力などがある。こういったスキルは独立したその日から発揮しようとしてもそう簡単にはいかない。
だからこそ、独立を視野に入れた時点からコツコツ準備をしておくべきだろう。

また、フリーランスにはフリーランスの大変さがあると理解しておくことも大切だ。
会社勤めで言われるがままに業務を振られ、クライアントや上の決めたスケジュールに振り回されることに不満を感じていれば、フリーランスはまるで夢のように自由な身に見えるかもしれない。しかし、フリーランスの自由は、全ての責任を1人で負うことと引き換えに得られるものだ。何から何まで自分で決められる代わりに、何が起きても自分が対処するしかない。
そもそも駆け出しのフリーランスが仕事を獲得すること自体簡単ではない。自分で好きな仕事を好きなように好きなだけできる仕事ではないことを覚えておくべきだろう。